2017年06月11日

コペン 手放す 2017年3月 その2

shv33201606290569a.jpg



コペンのボディに限界を感じたのは2016年12月。

先に書いたように、
給油口の蓋の開き方が変わったことで気が付いた。
いつものようにポーンと全開にならず、
ポコッとわずかに浮く程度。
とうとう来たか…。

さて、どうするか。

1.このまま乗り続ける
2.乗り換える
3.車を手放す

ここは比較的早く「2.乗り換える」に落ち着いた。
このまま乗り続けても、
どんどん乗り味が悪くなるのは1台目で経験済み。
一方で今車の無い生活はちょっとハードルが高い。

乗り換えるにしても、
選択肢はそう多くないんだよなぁ。

私が乗っていたL880K型に対して、
現行のLA400K型は選択肢には入ってこない。

L880K型にあって、
LA400K型に無いもの。

それはハンドルのテレスコピック機能。
ハンドルの前後の位置調整をするものだけど、
これが省かれている。
残念だ…。


写真は、
201606に撮影したもの。
ハンドルの表皮がはがれてきている。
手入れをすれば防げたものなのかどうか。
でも、
ハンドルはあまり滑りが良くても困りもの。
なので、
ケミカル剤の使用は控えていたけど…。


posted by toshi at 13:28 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Copen−オープンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
フジカラーデジカメプリント1枚12円。ソフト不要でオンライン注文、ご自宅のポストに届きます。らくらくコンビニ後払い。更に5〜最大20%割引中!