2017年12月24日

118d 2017年11月

shv33201711123336b.jpg



118dに乗り換えて10月で6カ月が過ぎ、
11月に走行距離が10000kmを超えた。

コペンの時には、
慣らし目的で秩父辺りまで出かけたこともしたけど、
118dではそんなことはしていない。
にもかかわらず、
この走行距離。
かなりの過走行…。


軽自動車から3ナンバーの普通車に乗り換えて、
車両感覚もだいぶ慣れてきたけど、
いまだに慣れないこともある。


交差点を右折する際の、
例えば、
右折先の道路が片側2車線で中央分離帯がある場合、
どこまで車両を分離帯に寄せられるか、
なんてのは、
まだダメだ。

コペンの時は、
「ソレ」を目視で確認しながら運転することができた。

ところが、
118dでは、
ボディ(ダッシュボード&Aピラー)とドアミラーに隠れてしまって、
「ソレ」を目視することができない。
シートの座面の高さを上げれば視線に入ってくるのかもしれないけど、
それでは118dを選んだ意味がない。

コペンでも118dでも、
ボディフロアからシートの座面の高さ、目線の高さは同じだ。
違うのはボディの高さ、窓ガラスの下端の位置だろう。

ああ、そういえば、
コペンのドアミラーはボディに着いていたなぁ。


コペンは良くも悪くも手のひらサイズ。
その全てを把握することができたのだが、
それを他の車に求めるのは違うか。


タグ:BMW 118d
posted by toshi at 14:50 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 118d−FRでディーゼルな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
フジカラーデジカメプリント1枚12円。ソフト不要でオンライン注文、ご自宅のポストに届きます。らくらくコンビニ後払い。更に5〜最大20%割引中!