2017年07月01日

Seesaaブログ トラックバック機能の提供終了



トラックバックとは…、


トラックバック(Trackback)とは、ブログの主要機能の一つ。
ある他人のブログの記事に自身のブログへのリンクを作成する機能のこと。
またトラックバック機能を利用する行為自体を指すこともあり、その場合は「トラックバックする」のように表現される。

wikipediaより




ブログの主要機能の一つと言われるサービスの終了。
私自身、
最近は滅多に利用することはなくなったけど、
いざ終了と言われるとそれはそれで寂しい。

ツイッターなどの新しいサービスが世に出て、
その役割を終えたとみたのかな。


【Seesaaブログ】トラックバック機能提供終了のお知らせ

平素は、Seesaaサービスをご利用いただきありがとうございます。

トラックバック機能について、送受信ともに2017年7月中をめどに終了とさせていただきます。
ご利用いただいておりました皆様におかれましてはご不便おかけし申し訳ございません。

何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

なお送受信については上記の通り機能終了いたしますが、これにより既存のトラックバックが消去されるものではありません。
ブログおよびマイブログ内にて引き続き表示されます。

今後ともSeesaaサービスをよろしくお願いいたします。

20170614

http://info.seesaa.net/article/450858434.html


 

posted by toshi at 20:48 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAFスポーツ 表紙は佐藤琢磨

shv33201706252362a.jpg



6月末に届いたJAFスポーツ。

その表紙は、
インディ500を制した佐藤琢磨選手。

ここで表紙を飾らなかったらどこで飾る?
というくらいのことだけど、
5月末開催のイベントだったから、
編集はギリギリだったんじゃない?

posted by toshi at 16:38 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コペン 手放す 2017年3月 その4

SH903i2008122003a.jpg



2017年の年明け早々には、
コペンから次の車に乗り換えると決めていた。

問題は、
コペンを手放す方法だ。

これは次の車が何かにもよると思う。
最終的にはBMWの118dに乗り換えたわけだけど、
私が今回お世話になったディーラーは、
下取りした他メーカーの車を自前で処理(販売)するルートを持っていなかったので、

提示された金額は目標額に達しなかった。

ここで言う目標額とは、
ダイハツディーラーで提示された金額のこと。
コペンのことをよく知っているし、
次の販売ルートも自前で持っているし、
で参考にした。


**********


私に残された選択肢は、専門の買い取り業者だ。
ビックモーターとガリバーの2社を回った。

ビックモーターは、
直近の買い取り価格の実績を提示して、
「おそらくこれ位の額になると思われます」。

ガリバーは、
「この価格で買い取ります」。

この差でガリバーに決めた。
多少の交渉の結果、
目標額までは上げてもらった。


買い取り業者を利用するのは今回が初めてで、
瑕疵免責特約というのがあることも初めて知った。

買い取った車に何らかの欠陥等が見つかる、生じた場合に、
その費用がこちらに請求されるらしいが、
その費用請求をしませんというのがこの特約(オプション)だ。
ガリバーでは「クレームガード保証」という名称だ。

ビックモーターは標準装備、
ガリバーはオプション扱いで¥9,900-(その分を買い取り価格から差し引く)。

忘れた頃に、
「オープンルーフが壊れました」と50万円もの請求書が届いてもアレなので、
これは付けてもらった。


**********


コペンの引き渡しは3月末となった。
ここで気がかりなことが一つ。

118dの納車は4月上旬で、それまで間の足が無くなってしまう。
それを相談すると、

「代車を出しますよ!」

とあっさり解決。


**********


写真は、
「コペンにタイヤ4本積んでみました」
の図。

コペン用の冬用タイヤを初めて購入したときのもので、
撮影日時は2008年12月。

懐かしいねぇ。
こんなこともやりましたねぇ。
トランクルームに1本、
助手席の後ろに1本、
助手席の上に2本。

2度とやらない!と思って、
2度とやらなかったけど…。


posted by toshi at 16:12 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Copen−オープンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

本日の空

shv33201706252369a.jpg



撮影日 20170625
SHV33

タグ:
posted by toshi at 21:08 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 空と雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫陽花(アジサイ) 2017年6月 その2

shv33201706242347a.jpg



ピントがイマイチ。
気をつけていたのに…。


日中は汗ばむ陽気でも、
朝晩のひんやりした感じが、
まだ夏前だということを教えてくれる。


撮影日 20170624
SHV33

posted by toshi at 21:01 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野外民族博物館 リトルワールド 記念メダル 2017年5月

shv33201705041989a.jpg



函館の五稜郭タワーで久々に目にして、

まだ現役なんだ?

と驚いて、

東京スカイツリーで再び目にして、

ひょっとして、しっかり現役?

と疑問がわき、

ここでも目にして、

今も変わらずの定番モノなんだ?

と再確認。


刻印機の画面は時代を感じさせるけどね…。


撮影日 20170504
撮影場所 愛知県犬山市 野外民族博物館 リトルワールド
SHV33

posted by toshi at 13:59 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

野外民族博物館 リトルワールド ペット同伴 2017年5月

shv33201705041973a.jpg


過去ログによれば前回は2012年だから、
5年ぶりのリトルワールドとなる。

5年前、
リトルワールドはペット同伴可ということで新聞にも取り上げられ、
犬を連れた私の親も取材を受け、
帰省した際にはその取材記事の切り抜きを見せてもらった。

今回のリトルワールドでは、
前回感じなかったペット同伴者への規制?が見受けられた。

「ペット同伴で入場可ですけど、
 展示家屋には入らないでね。
 園内をまわる通路だけならいいですよ。」

そう言われているように感じた。
また、園内各所にあったペット用のトイレ等の設備が、
案内板にはあるのにほとんど見つけられなかった。

「よっぽどマナーが悪かったんだね」
とは私の親の談である。

と思ったら、
ルールの見直しの案内↓を見つけた。

2017年06月01日 愛犬とご入館のお客様へ

近年、一部のお客様によるマナーの悪化やルール違反により
お客様からのご意見やトラブルが多くなってきております。
それを受け、当館では愛犬と一緒にご入館いただく際のルールの見直しを
平成29年9月1日より実施いたします。

大きく変更になる点は、以下の3点です。

@リードは1.5m以内の伸縮しないもののみ
A狂犬病予防接種及び混合ワクチン等の
 予防接種の証明書のご提示(コピー可)
B禁止事項をお守りいただけなかった場合の罰則化

詳細や新しい誓約書については8月以降にこちらでお知らせいたします。

このままマナー低下が続けば顧客サービスの低下を避けるため、
予告なく愛犬との入館を中止することがございます。
全てのお客様がリトルワールドで楽しくお過ごしいただけますよう、
ご理解とご協力をお願いいたします。

http://www.littleworld.jp/news/entry-1870.html


なかなかに、
ギスギスした感じが、
透けて見えてくる。


撮影日 20170504
撮影場所 愛知県犬山市 野外民族博物館 リトルワールド
SHV33


posted by toshi at 14:26 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BOSE QuietComfort 20 Awareモード 2017年6月

shv33201706142315a.jpg



高いノイズキャンセリング機能が欲しくて、
2014年3月に購入したBOSEのQuietComfort20。

ほぼ毎日使用しての3年が過ぎ、
ノイズキャンセルユニット兼バッテリーを覆っている樹脂シートのカバーが切れ、
インイヤータイプのシリコン製のStayHear+チップが切れ、
経年劣化が目立ってきた。


今回は、Awareモード。

周囲の音をシャットアウトすることが売りのBoseのノイズキャンセリング機能だけど、
周囲の音を聞きたい状況がある。
そんな時のために用意されているのが「Awareモード」。
ノイズキャンセリング機能を低くして、
周囲の音が聞き取れるようになる。
この切り替えスイッチが効かなくなった。
効いたり効かなかったりで、接触不良な症状。
今のところ、
「Awareモード」のままになるということはないけど、
もうあまり触りたくない機能である。


価格¥30,000-で3年間。
年間¥10,000-。
この手の製品としてはこんなものだろうか。

今買い直すならwirelessか。
でも、
QC20と組み合わせて使用している相方は、
SONYのウォークマン NW-E083
だったりする…。

posted by toshi at 13:26 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

コペン 手放す 2017年3月 その3

SH10C20140429025a.jpg



5年を超えて乗り続けたコペンのボディに限界を感じ、
2017年の早々には乗り換えると決めていた。
何に乗り換えるかは別にして…。


で、コペンを手放す方法は?

一般的なのは、
購入ディーラーで下取り扱いにして、
次の車の購入金額から差し引いてもらう。

最近増えてると思われるのは、
専門の買い取り業者に売却して購入資金に充てる。

あとは、
個人売買?


3番目の個人売買はともかく、
1番目と2番目の違いは、
次の車がどこのメーカーか?
に大きく依存すると思う。

同じメーカーなら当然下取り価格は高くなる。
ユーザーを自分の所に引き留めておきたいし、
下取りした車の販売ルートにも困らない。
他メーカーでも、
下取りした車を自前で処分(販売)するルートを持っているディーラーだと、
持っていないディーラーよりは相対的に価格は高くなる。

国内メーカーのディーラーなら、
系列で中古車販売店がある場合がほとんどなので、
他メーカーでも問題は無いように思う。


輸入車の場合は、
問題だね…。


意外と広く使えたコペンのトランクルーム。
写真はスーツケースを収納した様子。
サイズはタテ63cmxヨコ45cmxマチ30cm(72L)。
トランクルーフの裏側に当たるかな?と、
用心してタオルをかけたけど、
そんなことはなく、
移動後はいつもタオルは下に落ちてました。
もちろんルーフ裏に接触のあとも無し。


posted by toshi at 21:44 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Copen−オープンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野外民族博物館 リトルワールド 2017年5月

SH10C20170504607b.jpg


3/11〜7/2まで「世界の肉フェスタ」開催中です。
「ウズベキスタン国立サーカス」は本日(6/18)が最終日ですね。

野外民族博物館 リトルワールド
http://www.littleworld.jp/

撮影日 20170504
SH10C

 

posted by toshi at 11:07 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする